カテゴリー「 HK-house」の記事

2019年7月 9日 (火)

涙のお引渡し

HK様邸のお引き渡し
130
H様との出会いを振り返ると、
2015年11月22日の完成見学会に初めてお越しいただいた事を今でも思い出します。
今から3年以上も前になります。

それから、いろんなハウジング見学してまわり
やっぱり建てるならフォレストしかない!
そう確信して、土地を購入とお聞きしました。。
155

そして、2019年6月吉日
131_20190709013801
 
お引渡しの最後のこの瞬間、
ぐぐぐっと、込み上げてくるものがあります。
(涙です) 
私だけかと思うと、そこに居る皆がうるうるしていました。。。
151_20190709013901

これから、H様ご家族と一緒に
あたたかい木の家を育てて行きたいと思います。
18_20190709013901
 
これまでの、
たくさんのプレゼントありがとうございました。
ご主人の手づくり 社名のプレート 
事務所入口に飾らせていただきます。
12_20190709013901



|

2019年7月 5日 (金)

最後の磨き☆

佐土原町 H様邸にて
お引渡し前の儀式 『磨き』 が行われました。
1_20190705021701

建物が完成して、お引渡しが近づくと
スタッフが集まります。
2_20190705021701

何をするかといいますと、
建物の総点検と最後の磨き込みです
3_20190705021701

木の家は、磨けば磨くほど美しくなる
上棟から何度も何度も磨き込まれた H様邸
4_20190705021701
 
この磨きの儀式、不思議なことに
なぜか?みんな無言で、しかも夢中で磨くのです。
6_20190705021701

現場の総監督は掃除機片手に、床下へと潜って行く
7_20190705021801

隅から隅まで、フォレストメンバーの磨きは続きます
8_20190705021801
最後のゴミもクズも。そして、悔いも残したくない
完璧な住まいづくりを求めて。。。



 

 

|

2019年6月18日 (火)

最終工程

建物がほぼ完成に近づく頃、
外部では外構工事や植栽の仕上げに入ります。

玄関までのアプローチを曲線でつくるところ
この部分、誰も想像していないので
つくり手の私にしか、見えていません。
1_15

この枠組にメッシュ筋を入れてコンクリートを流す。
枠の型がそのまま表現されるので妥協が出来ない所でもある。
00_1
 
程よく囲われた庭に芝を張る様子です。
夏休みには芝の上で、プール水遊びする子供たちが浮かんできます。
 
リビングキッチンからつながるウッドデッキ、そしてグリーンの庭
2_15

玄関の曲線アプローチに沿って、曲線の板壁
3_13

ヤマボウシ・オリーブ・コンフーサ―等の植栽を加え
ゴロタ石で仕上げて完成。
4_11
 
 
建物と庭づくりの全てが完成し、安堵しているところに
エンジン音が響き渡る。。。

振り向くと、そこにはK現場プロデューサーの姿が
5_7
荒れた河川の草刈りに精を出していました。

このあと、地区の方々から感謝の声が聞こえてきました
 
その地域その環境を愛する現場の総監督は、素晴らしいです。
 
さて次は、いよいよお引渡しでしょうか?


|

2019年5月28日 (火)

完成間近

工事も終盤戦に入ったHK-house。

 

木をふんだんに使っているforestの家では

大工さんが様々な木材を相手に格闘中です。。。

20190516_135452

3mある天井板を二人掛かりで丁寧に張り進めていきます。

アクロバット的な体勢で隙間なく納める・・・

まさしく格闘ともいえる作業です!

20190516_135737

丁寧な仕上がりで縦張りのラインも引き立っています!

20190524_100636

天井が張り終えると床板張りへと進みます。

浮造りの加工に自然塗料を塗布したフローリング材

日に日に温もりのある空間へと変化していきます。

 

20190510_095920

写真はTVボードとなるホワイトアッシュ材

木目のキレイな表情とは裏腹に堅木で一筋縄ではいきません。。

完成を目前にあらゆる木材を的確に納めていきます。

 20190511_134513

20190511_134537

一方、外部の方でも足場の解体を前に屋根・外壁の洗浄を行います。

工事中のホコリを入念に洗い流して・・・・

ようやく足場解体を行います。

悔いのない外部工事が出来たか自問自答の瞬間です。

20190525_112919 

 

完成間近となったHK-house。

このあとも外構工事・植栽工事へと着実に進めていきます。

 

 

koyamada

 

|

2019年5月 2日 (木)

熟練の技

着実に進んでいるここ『HK-house』。

外部工事が一段落したところで内部に移行した棟梁。

Dsc_0604_1

内壁の仕上げとなるモイス張りを行いました。

柱・梁が表しで見えてくる真壁構造ではモイスの擦り合わせ

一つで仕上がりに直接、影響してきます。。。

 

そんな中、手の感覚一つで幾度となくペーパーをあて

寸分狂いなく納めていく棟梁・・・

スケールでは計り切れない精緻な世界です。

Dsc_0605_2

棟梁のひと手間惜しまない仕事に対する姿勢と熟練の技が

ひと際光っています✨

 

Dsc_0669

一方、外部の方でも外壁ガルバの仕上げ工事に入っています。

採寸から切断まで一連の流れで着々と進めていきます。

Dsc_0671

 

こちらも熟練の技で寸分の狂いもなく一発で納めていきます。

Dsc_0674

家のフォルムと小波のガルバの相性がいい感じにまとまりました!

Dsc_0684_1

 引き続き終盤にむけて着実に丁寧に進めていきます!

 

 

koyamada

|

2019年4月 3日 (水)

祝 餅まき

11_3
  
前日に祝上棟した、H様邸
その後の週末に、思い出の餅まきを行いました。
111
13_7
想像を超えた人、人 人。。。
近隣の方々や、友人知人に囲まれて祝もちまきです。
15_7
お祝いのお餅をまくだけでは終わらない
フォレスト餅まき・・・

お餅に貼ってある番号での大抽選会
佐土原会場も、大いに盛り上がりました。
17_4
112
ご参加者のみなさま、有難うございました。
 
現場はゆっくりと、そして丁寧に進んでいきます。
 


|

2019年3月31日 (日)

躯体検査完了!!

上棟後、天候にも恵まれ着々と進んでいるHK-house。

検査を前に外壁の下地工事・屋根工事を行いました。

 

建物を揺れから守る耐力面材のモイスTM。

Dsc_0324_1

筋交いに比べると強度は格段と上がり

地震や火災・シロアリからも家を守ってくれ、

おまけに調湿性もある優れものです。

Dsc_0307

(釘ピッチを正確に止付けている棟梁)

 

建物最上部での屋根工事も完了。

切妻屋根にガルバリウム鋼板横葺きとなっています。

スタンダードで美しいラインです。。。

Dsc_0428_1

 

 

Dsc_0387

 

外部工事が一通り完了したところで、第三者機関JIOによる

躯体検査も行いました。

Dsc_0399_1

外部の防水処理状況・金物状況・釘ピッチなど

隈なく検査していただきました。

Dsc_0405_1

一通り検査した後、適合判定頂いています!

引き続き外部の仕上げ工事、内部工事へと移っていきます。

 

koyamada

 

|

2019年3月 9日 (土)

祝☆上棟

3月吉日 佐土原町久峰公園近く
 
新たにフォレストの家が建ちました。

12

自然に囲まれたこの場所は

目の前の小さな川には鯉が泳いでいて、

夏の夜にはホタルが出現するとか。。

のびのびと子育てには最高の場所です

25_2

大工さんやスタッフ総勢12名での建て方

現場監督を中心に、阿吽の呼吸

流れるようなプロの動き。。あっぱれです。

20

お昼には棟まで組み上がり

キリのいいところで・・

H様からの差し入れ、○○ランチで盛り上がります。

13

午後から屋根工事

18

ご夫婦の見守るなか

建て方は順調に、ゆっくりと進みます。

そんな中、長女 wakoチャンは?

てんとう虫に夢中です

1532

だんだんと夕暮れに近づく頃

建物も形を整えて

後日の雨対策も万全にブルーシートで覆います。

16

この日、多くの職人さんや

多くの方々に見守られながら、無事に上棟を終えました。

012

H様、上棟 おめでとうございます。 toku

 

|

2019年3月 4日 (月)

土台敷き!

基礎工事を終え、大工さんへバトンタッチされた『HK-house

最初に基礎に埋め込んだ無数のアンカーボルトと土台をしっかりと

緊結していきます。

Dsc_0188

Dsc_0186_2

碁盤目状に組んだ土台の間に床下の冷気を防ぐ為、厚みの

ある断熱材を隙間なく嵌め込んでいきます。

Dsc_0203

その上に28㎜の合板を敷き詰め、規定の釘ピッチでしっかりと

留め付けました。

Dsc_0211

床パネルの敷き込み後は雨に濡れないようにしっかりと養生。

パネルが濡れないように細心の注意を払います。

Dsc_0217

後日、仮設足場も設置し準備万端整いました。

建て方当日は快晴との天気予報。

いい建て方日和となることを祈るばかりです。

koyamada

|

2019年2月25日 (月)

基礎工事

地盤改良を終え強固な地盤になったHK-House

いよいよ基礎工事着工です。

まずは遣り方を基準に鋤取りから開始していきます。

Dsc_0088

鋤取り後は砕石を敷きならべ十分に転圧をしたら

防湿フィルムを敷き配筋作業へ。

Dsc_0098

Dsc_0102

配筋後、第三者機関JIOによる、配筋検査を受けました。

検査は鉄筋の径、ピッチ、定着長さ、かぶり厚など細かく

チェックされていきます。。。

Dsc_0119_2

検査は問題なく合格! 早速コンクリート打設へ。

コンクリート打設は底盤部分、基礎の立ち上がりの2回に分けて行います。

この季節、コンクリート強度を上げての打設を行いました。

Dsc_0155_3

強固な地盤と強固な基礎が完成です!

この後、HK-houseは大工工事に移行し土台敷きへと進めていきます!

koyamada

 

|

より以前の記事一覧