カテゴリー「MS-House」の記事

2019年12月12日 (木)

お引渡し


12月吉日 M様邸 お引渡し

当日、午後からのお引渡しに備えてか?
現場担当のD村さん、芝や庭木に水やりをしています。
この日、何かを感じている後ろ姿でした。
1597_20200128004101

そして、建物の住まい方をふまえて設備機器などの取扱説明へと流れていきます。

9754
8564_20200128004101

M様との出会いは2013年1月、今から7年前の完成見学会にお越しいただき、それからのお付き合いです。

偶然にも、M様のお友達や同級生 職場の方々ともご縁があり何棟も建築させていただきました。

その間、M様ご夫婦も毎回のように見学会にお越し頂き、いつしか先輩後輩?のように。。。

「 確実に私よりM様の方が年下ですが、ひと的に確実に先輩かも。。」


いろんな思い出がいっぱい詰まったお引渡し、当然のように目がウルウルとしてきます。

照れもあったので、皆の目は見ていませんが恐らく 皆、ウルウルしていたはず?

9648

M様ご夫妻、そして建築中 毎日毎日何度も差し入れして下さったご両親にも感謝です。

これからフォレストの木の家、一緒に育てていきたいと思います。

 
☆ネーミング

軒のあるテラスに、庭と一体となる平屋の家
夕暮れ時の美しさ。
これはまさに、 Hiraya-Garden
  
9782_20200128005401

8975_20200128004301

8648

2019年 12月 M様邸 完成

ありがとうございました。 toku

|

2019年12月 6日 (金)

磨きの精神

高鍋町、M様邸の磨きを行いました。

7843
今から10数年前、作業服を着て現場に出向き一人で磨きを始めました。

その頃は、週末お施主様が現場に来る事を想定して、少しでも現場がキレイに見えるように。

見た目の行動から始まった掃除作業でしたが、次第に気持ちに変化が現われ、

掃除ではなく、磨くという気持ち そして、家ではなくこころ! へと変化していく。
8971
やがて、その磨きは社内へ。 そして、社外 他社へと磨きが広がりつつあります。

とてもいい事だと思います。この際、宮崎県の建築会社は皆、磨きをするようにしたいと考ています。


あるお施主様(Yさま)は毎週末、雑巾を絞って床の磨きを儀式のようにしています。と・・・

とても嬉しい♪ 掃除、磨きをすると心が洗練されたように感じます。

ここでのポイントは、サセラレテいる!のではなく、自ら無心になり磨きに集中することです。

時間など気にしているようでは意味がありません。

無心になる事。 目的は、木造建築の美の追求です。

お客様、感動です!

78945
8973

床下の掃除機かけは、真冬に滝に打たれるほどの精神力が必要。
特に平屋はですね。。。 
78451
『床下を見れば、その建築会社の心が見えると思います。』
これも宮崎県建築業 業界の標準にしたいものです。

各自の報告をするころは、外は真っ暗でした。
8745_20191207001201

帰る前にもう一度、ライトアップして皆で鑑賞。
今夜は、泊まろうかな?と思うのは私だけでしょうか?

8564_20191207001201
次回は、いよいよお引渡しです。

  toku

|

2019年11月30日 (土)

楽しい現場

先日のコンクリート打ちっ放しの枠を解体しました。
8673

M様邸 最終段階の仕上げ工事の様子。

この段階に来るとアドレナリンが止まりません。
ワクワク、ドキドキの連続です。

完成のイメージは1㎝、いや、㎜の単位で計算されつくし全体の構想は出来上がっている。
95874

 

玄関までの道(アプローチ)
この枠組で雰囲気が大きく変わるのと植栽スペースやバランスが問われます。
ミリ単位の微調整を行うシーン
12345_20191204235401

次いで、事前に選んでいた木々が現場に運び込まれてきました。
1595_20191204235401

敷地のイメージした場所に木々をテスト配置して検討していくのです。
 
バランスや向き見え方を検討しながら、納得できない時は、お持ち帰りしてチェンジする事もしばしば。
85285

この現場の最終段階では、多くの職人さん達が出入りします。
大工さん、塗装屋さん 設備屋さん 電気屋さん 外構屋さん 植木屋さん スタッフ・・・
そして、飛び入りのご近所さん達まで
この賑やかさがたまらなく大好き!

3575

敷地に造られた建物がどんどん外部が整うと同時に引き立っていくシーンは感動です。

7535
これから最終の微調整に入り、お引渡しまでカウントダウンです。


|

2019年11月22日 (金)

コンクリート打ち放し

高鍋町 Mさま邸

外構工事に入りました。

『メインのお庭の仕切りの壁に、打ち放しコンクリートをやってみませんか?』

お客様との打合せの中で、半分冗談 半分マジ?のつもりでしたが、
 
話はどんどん膨らんで、緩やかにカーブしたコンクリート打ち放しをやりましょう。。 
 
1235_20191121234601

ここから始った職人さん達との葛藤。。

設計施工図は一切無し。イメージは全て私の頭の中だけ。
建物との調和を大事にしたいので、終始立会ながら微調整をしていくのです。

8975_20191121234601

緩やかにカーブしたコンクリートの枠組み 片面完成
1594
7542

両面の枠組みに突っ張りをして、コンクリートを流し込みます。
1547
画像ではわかりにくいですが、緩やかにカーブを切ってます。
 
次週、枠を解体して植栽仕上げ工事へと。。 

さぁ~お楽しみに(^^♪

|

2019年11月18日 (月)

最終段階です!

朝晩肌寒い季節になりましたね。。

インフルエンザも流行ってますので、皆様お気をつけください!

 

さて、MS-houseでは内作工事も終わり、家具や給排水、電気の設備工事も始まっております。

いよいよ仕上げ工事ですね!

Img_0782

Img_0771_20191118151801

外部でも重機フル稼働にてお庭の工事が進んでおります。

Img_0838_20191118154501

Img_0603

毎回「感動」をテーマにプランニングされているお庭。

完成したお庭には、いつもため息が出るくらいの感動が。。

973_20191118160001

本当に楽しみですね。

来週末には見学会です。

気を引き締めて取り組んでいきます!

 

|

2019年11月 1日 (金)

気を抜かず。

窓からはのどかな風景の広がるMS-houseです。

Img_0311_20191101151901

足場も解体したことで、いよいよ外観が見えてきました!

Img_0290

黒のガルバ鋼板がいい感じです。

大きな窓も付いて開放感抜群です。

Img_0314

 

内部では大工さんによる造作工事が始まりました。

Img_0306

収納力抜群なMS-house。

様々な形の棚やカウンターを造作していきます。

内部の仕上がりも楽しみですね。

 

終わりも近づきつつあるMS-house。

内部の仕上げ工事やお庭の工事へと続いていきます。

|

2019年10月23日 (水)

外壁工事

Img_3726

建物の印象を大きく左右する外壁。

色、材料の組み合わせで感じ方は人それぞれ。

『MS-house』はガルバリウム鋼板の外壁材で色は

重厚感のある黒色です。

Img_3728

金属系のガルバリウム鋼板はモダンでスッキリとした印象を与え、

重厚感のある黒色は落ち着いた雰囲気を作り出してくれます。

また、ガルバリウム鋼板は見る角度、距離、天候によっても

様々な表情を見せてくれます。

Img_3732

外壁工事が終わると足場の解体へと現場は進んで行きます。

|

2019年9月27日 (金)

モイスの壁

屋根工事も完了して、大工さんの作業も外部から内部に移った『MS-house』の現場。

Img_3665

内部の壁仕上げの工事に入っています。

フォレストでは外壁と内壁にモイスの2重が標準仕様となっています。

モイスの壁は調湿効果、消臭効果、有害物質の吸着分解、結露対策など色々な効果を発揮します。

Img_3666

モイスを真壁仕上げで施工する事は簡単な作業ではありません。

柱と柱の間にキレイに納めるためモイスを切断し何度もペーパーで擦り合わせをしながら施工します。

Img_3684

1つ1つの壁を丁寧に丁寧に施工しながら、

現場は少しづつ完成へと進んで行きます。

 

|

2019年9月 9日 (月)

着々と。

上棟式のその後、ここ『MS-house』の現場では先日、

輸送用コンテナに積まれた輸入サッシが、

長い旅路を終えて現場に到着しました。

Img_3548

吐き出し窓、中窓とひとつずつ丁寧に降ろしていきます。

Img_3565

高気密・高断熱性のガラスを仕様としているので、

一窓一窓が重く取り付けるのが大変な作業です。

Img_3594

取り付けた後は傷が付かぬようきれいにラッピングをします。

Img_3596

そんななか先日、第三機関であるJIOの躯体検査を受けました。

Img_3572

外部に始まり内部へと図面片手に隅々まで見て廻ります。

躯体検査も無事終え次の工程へ着々と進む

『MS-house』の現場でした。

|

2019年8月21日 (水)

ありがとう。。

M様邸、餅まき
  
高鍋町の会場に、想像を超えてどんどん人が押し寄せてきました。
987
9658
  
施主のご紹介をして、
イッキに沢山の餅やお菓子が宙に舞う
 
Mさまのお気遣いもあり想像もしないモノまで飛んで来て
子供たち、大人までも大はしゃぎ。。
2222
 
フォレスト恒例の抽選会も、想像を超えた景品の数々。。
Mさまの太っ腹精神で会場はさらに盛り上がります
1111  
8525
餅まきが終わると、会場の彼方此方で
『ありがとう 楽しかった〜』『ありがとう。。』『ありがとう。。』の声が沢山聞こえてきました。
  
そして、最後にMさまがお父さんに近寄り『ありがとう・・』というシーンを目の当たりにして
胸がジーンときて、私が涙してしまいました・・
  
Mさま、いい思い出をありがとうございました。
  
- toku -
 
 






|

より以前の記事一覧