カテゴリー「NY-house」の記事

2019年12月 6日 (金)

お引渡し

新富町 N様邸のお引渡し 

現場担当のKさんより、
各住設機器、木製サッシ その他のお手入れ方法などの説明から始まります。

8963

実践も交えて各部位をまわり具体的にご説明。
全てを1回で覚えるのは難しいので、住みながら徐々に覚えていきましょう。と終始笑いながらのお引渡し・・
8567

N様との出会いは、今からさかのぼる事1年半前の見学会からのお付き合いです。
敷地拝見からプランの打合せ、地鎮祭、上棟式、現場での打合せなどなど振り返るとあっと言うまでした。
そして、本日 いよいよお引渡し。この時はなぜか込み上げてくるものがあります。
私と同様に、現場の担当者も何かを感じているはずです。
5357
沢山の思い出、沢山のいただき物、ありがとうございました。
 
これからフォレストメンバーと共に、木の家をさらに美しく育てていきたいと思います。
5343
初回点検でまたお会いできるのを楽しみにしております。
  toku

|

2019年11月29日 (金)

心を磨くひととき。

自分で言うのもナンですが、フォレストの木の家は美しい。

そのワケは、

上棟からお引渡しまでの間に幾度も 『磨き』 を行っているからです。

その最後の磨きの日が来ました。

建物全体を最終点検も兼ねて磨き込みを行います。
8547
各ポジションに別れ外部から内部へと
8975_20191204020701

木の家は磨けば磨くほど、美しくなっていくのがわかります。

上棟時からすると、ほんの少し飴色に変化した柱や梁そして床・・
8745

丁寧に丁寧に磨くことで木、本来の美しさが増してきます。

それと同時に自身の心の汚れやくもりも磨かれているようにも感じます。

木に家と向き合い、五感を働かせながら空間の隅々にまで意識を行き渡らせるので、多くの気づきを与えてくれます。

7536

床下にも掃除機をかけ、ゴミ1つ残さない精神!

89745
いよいよお引渡しです。

|

2019年11月14日 (木)

シンプルな庭

住まいづくりの最終形。

敷地を見て、お客様の要望を聞きながら間取りや建物のカタチや配置。そして、駐車スペース アプローチの形などプランナーがご提案。

建物も最終形になってくると、
プランナーが立会ながらアプローチの曲線も、『これ以上に美しい形は絶対に無い!』と自分が納得するまで何度もつくり変えて枠を決める。
この際、シンボルツリーの樹種や形もイメージしている。
1230

弧を描く美しいウッドフェンスの柱を決める
この柱の位置で庭の雰囲気が決まる大事な決断。庭の空間と建物との距離感。
8541

出来上がるとこんな感じでカーブしている。
7812

プナンナーが自ら選んできた木々が運ばれてきます。配置や向きも1つ1つ細かな指示をしていく。
南側のシンボルツリーには黄色いモミジの木(幸せの・・・)
8452

シンプルで美しい庭をイメージして芝を張る
7854

完成するとこんな感じ。。。

7412
室内から8m続くガラス窓の外にはグリーンの芝と美しい木々、それを優しくまとめる曲線のウッドフェンス。
 
芝と庭の砂利が交わる堺をフォレスト流で美しく止める。
 
家の窓から庭を眺めると、トータルの美しさに心も穏やかになれるはず。
  

北側の和室には、小さな坪庭を計画しました。
8967
詫びと寂を感じる小さな庭 スギゴケと小さな植物で構成している。
南側のオープンな気持ちになる庭とは対照的に、どこか寂しくどこか切ない。

フォレストの家は、住まう人をワクワク・ゾクゾクさせてくれます。。

|

2019年10月27日 (日)

終盤

内部工事も最終段階に入ったNY-house。

さまざまな木材を使って各場所に新たな色が加わっていきます。

20191009_114504

写真はアクセントで壁一面に板張りを施しております。

今回は樹種も吟味して乱尺で張り合わせてみました。

20191023_104013

リビングに入って壁一面の板壁から南に設けた連窓へと視線がぬけます。

20191025_145250

リビングからの眺め。

どこか昔の広縁を思わせる解放感たっぷりの空間となっています。

20191025_145247

この後、外構・植栽工事を含めた完成が待ち遠しいです!

NY-houseは間もなくクライマックスを迎えます!(>_<)

 

 

koyamada

|

2019年10月 5日 (土)

外部磨き

工事も終盤に差し掛かってきたNY-house。

内部の方では壁モイス・天井張りを終え床のフローリング張りへと進んでいます。

20191002_135837

浮造り加工された無垢材ならではの風合いと心地よい足触りが特徴です。

工事が進むにつれ、日に日に温もりのある空間へと変化してきてます。

20191002_135708

一方、外部の方でも足場解体を前に屋根・壁の洗浄を行いました。

入念に工事中のホコリを洗い流していきます。

20190926_104946

足場解体後、手の届かなくなる所は特に入念に。。。

上部から手垢、ホコリをウェスで拭き取りながら一通り洗浄完了です。

20190926_103712

気持ちも一新に!いよいよ今週末、足場解体です。

この後も外構工事、内部の仕上げ工事へと丁寧に進めてまいります。

 

 

 

 

 

|

2019年9月15日 (日)

木製ドアとガルバ仕上げ

外部の仕上げを前に玄関の木製ドアの取り付けが行われたNY-house。

重量感のあるガラス入りの框戸ですが実際に取り付けは2人がかりで行います。

20190906_112703

合いの手を入れるように所々で大工さんの助手をしながら取り付け完了です💦

玄関の顔ともなる木製ドアでお家の印象も格段と上がります。

お施主様にとってはお引き渡し後、毎日見て触れる場所。

この後、傷が付かないようにしっかりと養生を施しお引き渡しまで細心の注意を払います。

20190906_111638-1

玄関ドアの取り付け後、外壁のガルバリウム鋼板の仕上げ工事に進みます。

周りの緑に溶け込みすぎないように濃いブルー色を採用しています。

20190906_113141

 

20190906_112801

少しずつ完成に向けて進んでいるNY-house。

仮設の足場が外れる日も間近です!

 

 

 

koyamada

|

2019年8月13日 (火)

着々と

のどかな場所に建つNY-house。

夏真っ盛りの中、常に心地よい風が吹く・・どことなく懐かしい風景です。

20190731_092835

先日、建て方・せんぐ巻きも無事終え外部工事も着々と進んでいます。

 

建物耐震性の要となるモイスTM(耐力面材)

20190802_105243

深い軒の出。。軒裏には板張りを施します。

20190812_131516

平屋建てのNY-house。

写真では判りづらいですが建物重心が低く、軒が深い趣のある外観が期待出来そうです。。

20190802_141320

遠路はるばるマーヴィンのサッシも搬入。

搬入後、すぐに取り付けまで完了しました。

20190807_085037382

一通りの外部工事を終え第三者機関JIOによる躯体検査も受けています。

通常の木造軸組と違い金物の軸組による構造に検査員も興味深々です。

20190807_124928034

 

 

20190807_130351355

検査は問題なく適合判定頂きました。

このあと、NY-houseは内部工事・外部の仕上げ工事へとゆっくり着実に進んでいきます。

 

 

koyamada

 

 

 

|

2019年7月29日 (月)

祝、餅まき。

N様邸、祝上棟の餅まきです。
01_20190729001801
 
この日に備え、
前日の夜に原稿を書いて台本をつくります。
そして寝る前に、
何度もリハーサルをして当日のもちまきの挨拶に挑みます。
会場を盛り上げる為の大事な役
 
スベったら、N様に申し訳ない。。。
そう思えば思うほど
緊張して上手く話せないものです (>_<)
 
03_20190729001801
身内の方々やご近所さん、
そしてホームページを見て
OBさん達も駆けつけてくれました。
(心強いです)
 
02_20190729001801
04_20190729001901
 
フォレスト恒例の抽選会
新富の会場も大いに盛り上がりました。(^O^)/
05_20190729001901
  
これから☀夏本番です
熱中症には気を付けて下さい。。

  

|

2019年7月24日 (水)

祝☆上棟

7月吉日
新富町に新たなフォレストの家が誕生いたしました。
 
梅雨明けを待つかのよう N様邸の建て方が行われました。
熟練の棟梁さん達が集結して1本1本柱を建てていく
阿吽の呼吸、クレーンの動きも把握しながら
現場監督は集中して現場に立つ。
 
2525
フォレストの家は金物工法+プレカット
寸分の狂いもなく組み立てられていく。
 
10名の大工さんで建てると、みるみるうちに姿 形が現われてきます
その動きや技は、ギャラリーを魅了します。。

お昼には棟まで上がり、お施主様からランチの差し入れ。
235

食後に生まれたての建物をゆっくり拝見しながら
ここがキッチンの位置で、ここが和室で。。。

昨日までイメージでしたが、今その空間へと変わっていく
感動の瞬間です。
 
85
 
午後からも順調に屋根工事へと
5858

西日が厳しくなる頃
今日の最終工程、屋根の防水工事
これで今夜、雨が降っても大丈夫ですね。
879
時刻は夕方5時過ぎ
無事、建て方の終了です。
 
1231121
現場はゆっくりと完成へと進んで行きます。

toku


 

|

2019年7月15日 (月)

チャンス到来・・・土台敷き

天候の回復をまってようやく土台敷きを迎えたNY-house。

今季後半で続く五月雨、丁度良い土台敷き日和となりました。

チャンス到来です!

20190705_085445 

32坪平屋のNY-house。

土台敷き~パネル敷き~養生まで晴れ間が勝負の中

今回、人員を増やして挑みました。

20190705_095733  

次の工程を読みながら一切無駄のない作業が気持ちよく

進められていきます。

20190705_135738

一連の施工の抜けがないかチェックしながら気になるのが

床下の清掃・・・

断熱材を入れる前に全員で徹底的に床下の清掃も完了です。

20190705_144031

午後からは事前に加工した断熱材を落とし込み、その後

床パネルを敷き込んでいきます。

20190705_165444

夕刻、小雨がきましたがブルーシートでしっかりとラッピングに

間に合いました。

20190712_101723 

後日、構造材搬入・仮設足場の設置も終えております。

準備は全て整い、あとは最高の上棟日和を迎えるのみとなりました。

次なるチャンス待ちです!

 

 

koyamada

 

 

 

 

 

 

|

より以前の記事一覧